フォト

自転車ブログ ランキング

無料ブログはココログ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月20日 (月)

買っちゃいました、カーボンバイク。

2011年10月の富士チャレンジで膝皿骨折をして早1年半。
ほとんど乗らないまま来てしました。
前ブログで「膝痛い」なんてことを言っていましたが、これから乗り続けるためにはここで物欲発散!?
まぁ、色々あって買ってしまいました。カーボンバイク。
TREK Madone5.2 2013MODEL
Madone52w300

ことの発端は先週日曜日。曲がったサドルの相談に自転車屋に行く。
カーボンフレームの7x10パイのサドル取り付けはパーツを入手すれば取り付けできるとのこと。早速手配を頼むも、在庫なしで1カ月先の入荷。まぁ、それまでは曲がったままで・・・。
しかし、いつ曲がってしまったのか?転倒骨折した時には曲がって無かったはずなんだが!?

店長、営業センスが良いのか、鼻が効くのか、(見た目全くそうには見えないのだが)、
 「ドマーネ4.0の試乗車あるけど乗ってみる?」
と言われ、実際カーボンに乗ったことが無く、興味もあったので借りてみることに。しかし、こちらはSLのシューズ、自転車は普通のペダル・・・、まともに乗れたわけではないのですが、それでもアルミフレームの愛車とは全く違った乗り味。

 *走りだしもぺダリングも軽く感じる。
 *路面からの突き上げもソフトな感触。

Dsc_1246w300

Dsc_1245w300 

これがドマーネだからか、カーボンだからかはわかりませんが、違いは十分感じられる?
そこからは店長の営業トーク。今の2.1を買った時もキシリウムの店の在庫品を買う時も、営業トークに負けたんですよね。

で、試しに「在庫あるの?」と聞いてみる。(聞いた時点ですでに敗北の予感。)
 「サイズ54は後4台あるね。白/緑と他のサイズはたくさんあるけど。」
後4台しかない>全国からオーダーが来る>売り切れてしまう>あっ、お金どうしよう?
走馬灯のように頭をぐるぐる回ります。(爆)
さらに2013年の現行モデル。フレームもブレーキもエアロ思考の新設計に変わったばかり。
とはいえ、その場は「考えます」と言って冷静に?いったん帰宅。でも、頭の中はどこからお金を用意するかばかり。

一日置いて火曜日。
 「どうしようかなぁ、まだ在庫あります?」
 「調べてみようか。あっ、あと3台だねぇ」
ほんと、本当に3台だったのだろうか?しかし、その時はそんなこと思いもつかず
 「お願いします。」
と言ってしまいました。
あっ、でも、かなり葛藤をしてDi2を一緒に頼むのは我慢しましたよ。(爆)

頼んでしまえば早いもの。週末には納車の運びとなりました。
20130516_c_003w300

20130516_c_001w300 
引取に行くと・・・、出来上がっていましたよ、私のMadone5.2。
わかっちゃいますが、色は地味ですね。(だったら白/緑にしろよ!?)
20130518_c_001w300

お支払いをして、クリートの調整を一番弱くしてもらい、さぁ、サドル調整?と思ったら
「標準に合わせておいたから、とりあえず乗ってみてから調整して」
と言われ・・・。そうだ、2.1を買った時もこんな感じだった。(^_^;)
とりあえずまたいでみると、そう違和感もないので、そのまま受け取りました。(爆)
実は帰って2.1とサドル高さを比べるとほぼ同じ。偶然なのか、店長がすごいのか!?

店から出て漕ぎ始める。
おぉ、全然違う!何が違うか・・・、自分のインプレが正しいとは思えませんが、
 *漕ぎだしが軽い
 *スピードが乗りやすい。
 *走りがなめらか
 *乗り心地が良い
と感じました。速度のノリがはやく、アベレージも上がるのではないかと思えるほど、軽いです。
ただ、それでも途中の坂を上って疲れ果てたのは内緒です。(爆)

カーボンバイクの方はこんな乗り物に乗っていたんですね。

やっぱり膝が痛いのですが、どうしても自転車にも乗りたい。そして仕事にも行かなければ。お散歩かねて、自転車で会社に行くことに。

やはり先に感じた通りの感触です。いつもよりアベレージが上がる?、そういった軽快感というか、軽さがあります。
 カーボンバイクだから?
 Madoneだから?
 組み合わせているメカ・パーツの影響?
自分ではわかりませんが、カーボンは形状だけで無く貼り方でも特性が変わるというので、各メーカー、各自転車ごとに味が違うんでしょうね。

最近TREKはメーカーで重量を公表していないそうですね。
自分の自転車は納車状態で約8.2kgくらいでした。2.1はペダルレスでカタログ値9kgでしたので、実際1kgくらい軽いようです。これも乗り味の違いに大きく影響がある要因かな?
2.1のアルミにキシリウムを履いている時の軽い感じとはまた別なようです。これは車体自体が軽いからでしょうか。ホイールも標準でこれだけ走るので、キシリウムを付けるのはまだ後にしよう。(すぐヘタレて付けてたりして)
ともあれ、2.1も残しておくので、これからは2台体制で!
まずは傷をける前に記念撮影だけ、済ませてきました。(^_^;)

20130519_c_034w300

20130519_c_044w300

20130519_c_059w300



納車されて気づきました。ハンドル上部が翼断面に。
20130519_c_003w300

エアロ効果のKVF形状でフラット面が広いです。
20130519_c_004w300

フロントブレーキはスポークと一体にしてエアロ形状に
20130519_c_018w300

リアブレーキはBB下にぶら下がり・・・。剛性アップとのことですが、前輪からの汚れは大丈夫なのか心配。
20130519_c_016w300

メカはアルテグラ10速。カセットだけが105の11-28.
20130519_c_012w300


オプションで購入したのはBontragerの「DUOTRAP」。これでケイデンスとスピードをedge500とリンクします。edge500側は自転車を3台まで登録できるので、切り替えて使用します。
20130519_c_022w300_2

メカがアルテグラなので、メダルも同ブランドで!?
20130519_c_023w300 

      

2013年5月19日 (日)

ローラー台、そして膝が痛い (>_<)

先日の風越峠での玉砕。
そして、13日に受けた「生活習慣病検診」でのあまりにも愕然とする体重と腹囲。
思い腰を上げて、ほこりをかぶっていたローラー台を出しました。

Dsc_1251w300

5月13日
平日は仕事も遅いので、長時間ローラーには乗れない。
 まずは10km
と思って始めたのですが、結果20km。aveが30kmなので、40分くらいの運動です。
まぁ、骨折で乗らなくなってから1年半、何もしてこなかったことを思えば、少しでも自転車に乗ることで何か変わるのではないかと。
Dsc_1257w300

5月14日。そう、私の誕生日4○歳になりました。(隠すほどでもない!?)
最初に20km走っちゃったので、それより短いのが悔しく?やっぱり20km走りました。
練習ではなく、自転車に乗ることを目的としているので、いきなり負荷をかけないよう、負荷を無くし、脚を回すことを意識してはじめまして。
この日の最後、少し右ひざに違和感が!?
Dsc_1266w300

5月15日。今日も20km。昨日に続き、右ひざに違和感があります。
右ひざ表面内側のお皿の内側当りが痛いような、張るような。ネットで「膝痛」を見ても、表側、裏側、内側、外側の症状があるのですが、それがどこを指しているのか、いまいちわからず。サドルが低いのか、内またで漕いでいるのか?
Dsc_1278w300

5月17日。ペダル軸と拇指球の位置が気になったので、クリートを2mmほど後ろへ下げてみる。しかし、膝の違和感、そして痛みが出るようになり・・・。
Dsc_1289w300

Dsc_1290w300


サドル調整も考えたのですが、実は左右に傾いているんです。(左側に下がっている)
Dsc_1236w300
いつなったのか分からないのですが、気が付いたら左右に傾いていました。サドル手配中なので、それが来たら交換したいのですが、今はそのままです。
これも原因の一つなのかもしれませんが。
可能性としては、
 *ローラー台でケイデンスを上げたことによる負担
 *サドル高さ
 *クリート位置
 *サドルの傾き
かなぁ、と思っています。ただ、クリート位置とサドル高さはかなり前から同じ設定なので、急に症状が出るものでしょうか。しばらく乗っていなかったので、当時の体形と変わっているのかもしれませんが。

今回思ったのは、こういった不具合に直面した時、体に合わせた微調整をみなさんどうされているのでしょうか。
本を見ると、位置の合わせ方が載っていますが、個人で調整しているのか、お店で調整してもらうのか、 近くの人にアドバイスをもらうのか?
大きなお店では、購入前に体形を計り、サイズは調整をしてもらえるそうですが、それでも個々の微調整は乗ってからだと思います。
自転車ブームで私のような知識の無い人間の買うようになっていると思うのですが、なかなか自転車のセッティングを教えてくれる人が居ないように思えます。
最終的には
 「自分でコツコツセッティングするもの」
なのかもしれませんが、もう少し入門的に分かりやすい開設や目安は無いのでしょうか。
トレーニングすることについての話題は事欠かないのですが、自転車を始めた初心者が長く趣味として続けるためには、まずセッティングが出せ、楽しく乗れるようになれたらなぁと思います。

まずは膝の痛みの原因と対策をしなくては・・・。

こんなにきつかった?風越峠

ゴールデンウィークも自転車三昧の予定が、半分は仕事、そして毎日の強風。

それではだめだと、5月4日思い腰を上げてサイクリングに。ちょうど子供が自転車の練習に三ケ日の交通公園へ行くというので、自分は自転車で。

今日は良い天気。でも風は強い・・・。
20130504_c_001w300

自宅を出ると全て坂です。唯一坂の無い方向へ進むとガーデンパークへしか行けません。(爆)
まずは頑張って坂を上りますが、そこでヘトヘトです。
そしてコンビニでボトルチャージといつものオロナミンチャージ。そして覚悟を決めてゼリー飲料を購入します。
20130504_c_002w300

都田川を渡ります。今日は浜名湖はお預け。
20130504_c_003w300

気賀に入ると有名なうなぎ屋さん「清水家」前を通過。有名で、いつもお客さんがいるのですが、自分はほとんど行った記憶がありません。まぁ、地元だからって良く食べるものでもないんですよね、「うなぎ」
20130504_c_004w300

やはり体がなまっているせいか、ケイデンスも速度も上がりません。奥山へ向けての道も、自分との闘いです。(爆)
さらに、サイクルメーターも電池切れで途中でお休み。何のためにつけてきたのか、これじゃ只のウエイトです。
そしてやっと奥山半僧坊へ到着。
20130504_c_005w300

20130504_c_006w300

さぁ、いよいよここから風越峠に入ります。
20130504_c_007w300

入口は下り。青空と風が私を呼び込みますが・・・、この先は!?
20130504_c_008w300      

登り始めます。
20130504_c_009w300

20130504_c_010w300

半分くらいでしょうか。途中一瞬だけ景色が開けます。新東名の高架が見えます。
20130504_c_012w300

あとすこし。まだまだ登ります。景色はずぅ~っとこんな感じ。木立の中をくねくねと登って行きます。似たようなコーナーが多く、
 「もうこれで最後かな」
と思いながら、何度だまされることか。
20130504_c_013w300

そして頂上到着。
何度降りようか、休憩しようかと思いましたが、何とか登ってきました。
う~ん、明らかに登れない。体がなまっているし、体重も・・・。(^_^;)
20130504_c_014w300

その後は下るだけ下って家族と合流。まだまだ子供はコロ無しに乗れません。
20130504_c_020w300

この後は出かける予定があったので、自転車の積み込み。デリカD:5に乗っているのですが、意外と奥行きがないんです。セカンドシートを前に出して、フロントタイヤを外してやっと乗せられます。室内積載では3人3台は厳しい。
20130504_c_025w300

20130504_c_026w300

そして新発見。
セカンドシートをスライドすると、床に暖房の吹き出し口があります。
この形状がフロントフォークを刺すのにバッチリ。
20130504_c_023w300

帰りは三ケ日まで降り、東海グリコの売店に立ち寄りました。
20130504_c_027w300
20130504_c_028w300


あまりの体力低下に、「やっぱり継続は力なり」と感じた1日でした。

2013年5月 2日 (木)

第8回ゆるゆる浜名湖サイクリング ~後編~

瀬戸の駐車場で小休止し、お昼を食べるため「リステル浜名湖」へ。
第一回もここでランチバイキングを食べました。本来、お客様は「うなぎ」がご希望なのかもしれませんが、高額なのと、大人数で入りにくいこともあり、今回は見送り。
リステルも空いていると思いきや、ちょうど12:00で満席。結果30分以上待つことに。

20130427_c_049w300

20130427_c_048w300 

いやぁ~、バイキングと言うこともあり、自転車で来ていることを忘れ、食べる食べる。
60分フルに使って、デザートまで食べまくりなのであります。(爆)

昼食中に遅れていた二人と桜台からsubu-k2さんも合流。これで全員集合!
さぁ、お昼も食べて後半戦出発です。
横風を受けながら、南へ向かいます。
20130427_c_052w300

リステルでは友人のうっちー君が奥さんとバイクで登場。明らかに裏切り行為です!?(-_-)b
20130427_c_053w300
しかぁ~し、すっかり足が回りません。腿からふくらはぎ辺りが張っている!?

 ヤバイ!

知波田駅で再出発の際、悟られないように、ひっそりと最後尾に回ります。(爆)
だって、この先登り何だもん・・・。
早速登りで離されます。いってらっしゃいませ。

20130427_c_054w300

途中で追い付くとなぜか人数が足りない!?あれ、私最後尾のはずなんですが。
1人、交差点を逆に行ってしまったようで、しばらくして戻ってきました。(^^)/~~~

20130427_c_055w300

20130427_c_056w300

20130427_c_058w300

20130427_c_059w300

20130427_c_063w300

信号ダッシュで・・・、早い方々は先に行ってしまいます。
速い方は飛ばしていきますが、場所をわきまえているので、しっかりと待っていてくれます。遅い方はマイペースで走っても安心です。それぞれが、それぞれ楽しめる走り方でまとまれるのはいいですよね。

20130427_c_066w300

20130427_c_067w300

20130427_c_069w300

いよいよ最期の景観場所、浜名湖競艇場へやってきました。ここから裏弁天までは景色もきれいですが、一本道です。
なぜかTEAM桜台に対抗しているTEAM三菱に
 「ここから突き当りまでは一本道ですから・・・」
と煽り??信号ダッシュ。一気に逃げに入ります。放っておけない桜台も後を追い、その結末は・・・。(-人-)

20130427_c_070w300

20130427_c_071w300

サイクリング組は景色を楽しみながらのんびりと。
20130427_c_073w300


最期の最後、渚園からガーデンパークまでは北向き~西向きの向かい風。
自分は速度ヒトケタでヘロヘロになりながら、何とかゴール。
全員、無事に一周を走り切りました。(*^^)v

20130427_c_076w500

みなさん、強風の中お疲れ様でした。
次回はもう少し気候が良ければよいのですが。
第9回の参加もお待ちしています。

      

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31